自分で出来る様々なゴキブリの退治方法を試す

Cleaning

蜂の巣を退治する

蜂の巣ができてしまったら、まず考えること

蜂の巣ができてしまった場合、基本的にはその場所を所有する人が対処することになりますが、自治体によっては巣を駆除してくれるところがあります。危険性が高いスズメバチのみ駆除するところ、どのような種類の蜂でも駆除しないところなどさまざまなので、まずは一度お住まいの自治体に確認してみることをおすすめします。 自分で巣を駆除しなければならないとなったときでも、生命の危険にも関わるおそれがあるので、決して無理をしてはいけません。特に危険なスズメバチなどは、蜂の巣退治を専門とする業者や、清掃業者などが専門に対処してくれるほか、便利屋などでも対応できるところがあるので、蜂の退治に慣れている業者に任せたほうが安全です。

業者に依頼するか自分で退治するか

専門業者の利用料金は、蜂の種類、巣のある場所の高さ、巣の大きさによってさまざまです。即日対応してくれる業者もあれば、まずは現地調査を行い見積もりを出す業者もいます。首都圏の場合では、1万円前後からという場合が多いようです。一刻も早く駆除しなければならない状況でなければ、数社に相談してみたほうがよいでしょう。 ミツバチのようにあまり危険性の高くない蜂の場合、自分で退治する方法もあります。ドラックストアやホームセンターで、蜂の巣専用の噴射距離が長く、上にむけて噴射できる殺虫スプレーなどが販売されています。蜂は夜から朝にかけて休んでいるので、動きが鈍い早朝に長袖などを着て肌を露出させないようにして退治します。 またそもそも巣を作らせないことも大切です。夏になる前に、自宅の周囲を点検し、巣になりそうな穴をふさぐなどの対策を行います。蜂の巣は高いところとは限らず、低いところにある穴なども巣にするので、十分気をつけてください。